2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライスカルパウィーク本日より開催!

tryscarpasmall.jpg

待ちに待った「トライ! スカルパ! ウィーク」が本日よりクラックス大阪店で開催されます!
今回はなんとスカルパクライミングシューズの日本展開全モデルが試せます!
5/20(木) ~ 23(日)の4日間です。ぜひお試しください~!

今回試し履きができるモデルの中で注目はなんと言ってもニューモデルのインスティンクトS
人気急上昇中のこのモデルを先日岩で使ってみましたのでご紹介したいと思います~!

R0012521.jpg R0012522.jpg

インスティンクトSに足を入れてまず感じた事はこのシューズの「素直さ」です。クライミングシューズはターンインといって、足型が多かれ少なかれ親指側にカーブする形状になっているのですが、インスティンクトSはターンイン要素が抑えられています。つまりシューズの先端がセンター寄りにデザインされているということになるのですが、これによりインサイドエッジングだけでなくアウトサイドのエッジングも極端な痛みを伴わずに行えます。またパワーポイントといって、エッジングの際に一番力を入れる親指の位置がシューズの最先端に来やすくなっています。自然の岩でのスタンスはインドアよりもかなり小さいものが多く、点でのエッジングも多々必要。インスティンクトSは一番先端部分で最後までスタンスを踏み切る事ができました。

また爪先部分のボリュームも過去のスカルパモデルや他社モデルと比べて余裕を持った作りになっており、履き心地の良い足入れ感になっています。クライミングシューズはかなりタイトにフィッティングしますが、爪先部分のボリュームがないと相当な痛みを伴います。またボリュームがあると「トウーフック時の爪先の反らし」といった爪先部分を動かしやすくなります。人口壁よりも複雑な形状をしている自然の岩でも形状に合わせた反り具合を作る事ができました。裸足感覚に近く自在に操れるというのがスリッパモデルの特徴ですので、爪先の可動性能というのはとても重要です。

R0012531s.jpg R0012528.jpg

また爪先の可動性に一役買っているのはアッパー素材に用いられている人工皮革のロリカ。本革に比べ非常にしなやかで軽いのが特徴です。素材の柔らかさが足入れのしやすさにも貢献しています。インスティンクトSのアッパーには他のスリッパタイプのモデルよりも多くのスティッチが施されています。スリッパは伸びたら伸びっぱなしになるのが宿命ですが、本革よりも伸びにくい人口皮革とこのスティッチのコンビネーションによりフィット感を維持させる工夫がされています。

R0012523.jpg

最も気になるソールパフォーマンスですが、これ文句なしに良いです。
それもそのはず。ソールはビブラム社のXS Grip2を採用。
柔らかいボディを持つインスティンクトSにはXS Grip2のようにグリップ力にポイントを置いたソールがぴったり。

DSC08463.jpg
photo by Nakai

スリッパタイプはエッジング力が弱点と思われがちですが、爪先の可動性とソールのグリップ力が高ければ小さなスタンスも押さえ込む事が可能になります。先日の岩でも極小スタンスへの食いつきが印象的でした。爪先に力を入れて登れる人にはエッジの押さえ込みがかなりやりやすいと思います。

R0012526.jpg

シューズ選びにおいてヒールカップのフィット感に拘りをお持ちの方も最近では増えています。スリッパタイプはベルクロタイプやレースアップタイプのように履いてから「締め付ける」事ができないので、ヒール形状はある意味シビアなポイントになります。インスティンクトSのヒールはオールラウンドモデルだけあってタイト過ぎないレベルに抑えられています。ヒール部分のラバーはソールラバーと一体化しており、踏み込んだ際にしっかりしたテンションが伝わってきます。またヒールバンドは他社モデルよりもやや靴の後ろ寄りから立ち上げているため、強いテンションを作り出しています。

DSC08465.jpg
photo by Nakai

岩の入り組んだ部分にあるエッジにヒールフックをかけて動いてみましたが、微妙な角度でのフッキングにも関わらずスリッパとしてはしっかりしたフック力を感じました。

R0012525.jpg

インスティンクトSは同社のアグレッシブモデルである「スティックス」と比べるとシューズのアーチは弱めになっています。またダウントウ形状も弱めにデザインされているため、エキスパートレベルのフットワークには物足りない点であるかもしれません。しかし様々なシーンでオールラウンドに使う用途においては非常に良いバランスのシューズであると言えます。モデラートなダウントウですが、スリッパ特性の柔らかさで爪先を落とすような力も入れやすく、かき込み力も十分発揮します。これからダウントウタイプを履いてみたいと思っている方、これまで硬めのシューズで登っていたけど、そろそろ柔らかめのシューズに行ってみようかなとお考えの方には特におすすめできるモデルだと思います。また上級レベルの方においても自分でシューズをコントロールするという点においてはとても操作のしやすいモデルですのでぜひ足を入れてみて欲しいと思います。

このインスティンクトSも「トライ! スカルパ! ウィーク」でもちろん試し履き可能です!
実際に履いて登り倒して頂いて、このシューズのポテンシャルを感じて頂きたいと思います!
皆様のお越しをお待ちしておりま~す。

インプレ:木織 隆生

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

CRUX Osaka

Author:CRUX Osaka
クラックス大阪店は様々な傾斜を持つ高さ約10mのクライミングウォールとバラエティーに富んだボルダリングウォールを持つスケールも質も国内トップクラスのインドアフリークライミングジムです。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ツイッターでも情報発信中~!
フォローお願いしまーす。
アカウント:@cruxosaka

カテゴリー

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。